Arduinoの環境構築を行う ~ Arduino LV2 ~



LEDを光らせてみるの続き。

Arduinoの環境構築を行うという事で、①~⑨にそってソフトウェア、ドライバのインストールを行う。

 

※以下はWindows Xp版の説明です。Win7版はArduinoで電子工作をはじめよう!
に載っています。要望があれば、Win7版もつくリます(^^)

 

以下のURLにアクセスする。

  http://arduino.cc

 

DownLoadボタンをクリックしてソフトウェアをDownLoadする。

  

 

お使いのPCを選択する。(Windows  か Mac)

 

DownLoadしたファイルを作業フォルダ(何処でも良い)に解凍する。

 

PCとArduino Uno R3を付属のUSBケーブルで繋ぐ。

  

 

USBケーブルを繋げると以下の画面が出るので、“いいえ今回は接続しません(T)”を選択して、次の画面で、“一覧または特定の場所からインストールする”を選択して次へをクリックする。

  

 

“次の場所を含める”をクリックして参照を選択して、④の作業フォルダ配下にあるdriversを指定して次へをクリックする。

  

 

以下の画面が出るが気にしないで、“続行”をクリックして進める。次画面で完了を押して終了する。

  

 

デバイスマネージャを開き以下の画面のようになっていたら接続OK。

  

 

それでは、次へっ!

 

⇒ LED点滅プログラム(Arduinoではスケッチと呼ぶ)を書く










Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)