5万円の家庭用3Dプリンターでここまで造れる!? ばーちゃわーるどの造形物を紹介



この間紹介した3Dプリンターで作られたフィギア数百万円以上もするハイエンドモデルの3Dプリンターで作られている。

まめ桜ミク(台座版) 2500円
高級3Dプリンターで造られた桜ミク

では、5~20万ぐらいのローエンドモデルの3Dプリンター(家庭用3Dプリンター)では、どれぐらいのレベルの物が造れるだろうか? 実際に家庭用3Dプリンターで造った作品をネット販売している人がいた。その方の作品をクローズアップしてみよう。

 

紹介するのは、ばーちゃわーるどの亀田さん。

ばーちゃわーるど

※「ばーちゃわーるど」は模型暦31年、海外渡航国44カ国の亀田さんの旅行と模型を紹介するサイト。「見ると旅行に行きたくなる模型」「模型に興味のなかった方でもつい見てしまう模型」を目指して制作している。

 

 

【 家庭用3Dプリンターを使用した作品例 】

 

【 世界遺産 サマルカンドのジオラマ 】5万円の家庭用3Dプリンータで造った作品 サマルカンド家庭用3Dプリンターで造れたサマルカンド
※クリックすると画像が大きくなります

サマルカンドにある「レギスタン広場」のジオラマ(非売品)。
彼が作った初の3Dプリンター製キット。現在製作中で、HPでの公開は5月頃になるそうだ。




 

【 世界遺産 エッフェル塔やピサの斜塔のジオラマ 】
5万円の家庭用3Dプリンターで造られた造形物エッフェル塔やコロッセオなど見慣れた世界遺産がずらり。
パーソナル3Dプリンターで造られた造形物

1/220のピサの斜塔は、3Dプリンターで各パーツを作りそれを組み合わて作っている。

 

 

【 通販で購入可能な作品 】

1/2400 世界遺産シリーズ。実際の建物と同じ形状をしている。以下に紹介している作品は全て500円なり。 Onlineショップより購入可能だ。

 

【 アンコールワット 】アンコールワット 【 チチェンイツァー 】チチェンイツァー
【 アブシンベル大神殿 】アブシンベル大神殿 【 タージマハル 】タージマハル

 

Sold Out! になっている作品も沢山ある。 急がないと無くなっちゃうかも?

 

 

 

【 管理人の感想 】

 

いかがでしたか?
家庭用3Dプリンターの可能性が少しは見えましたか?勘違いしてはいけないのでお伝えしますが、誰でもこのような作品が出来る訳ではありません。

亀田さんは元々模型やジオラマ制作を得意としており、大会などでも良い成績を上げています。彼の長年の模型作成経験と努力と3Dプリンターが合わさって初めてこのような作品が出来たのです。

家庭用3Dプリンターで造れたサマルカンド
この立派な正門を作るには以下の工程を行う必要があります。
asx68x68
3Dプリンターより正門部分を造形します。
(もちろんこの前に3Dソフトを使ってモデリングしています)
asx68x68 (1)
プラカラーやスプレー等で下地の色をつけ、その後、模様を塗ります。
2
このような工程を繰り返し行い初めて完成するのです。

 

格安の家庭用3Dプリンターを使うと、積層ピッチも太くなり、単色になり、ダマもよく出来ます。亀田さんはそれを一から勉強して、それを解決して作品を作り上げていったのです。

アイディアの構想を練り、3Dソフトを使いモデリングして、3Dプリンターを使いこなせるまで色々と格闘し、そして細かく部品を出力して、丁寧にヤスリをかけ、色を塗る (その手の苦労話が画像・動画と共にこちらのページに載っています⇒ここ)
それを全部乗り越えて、初めてあのような素晴らしい作品が出来たのです。
と解りきった事を言い、やる気を無くさせてもしょうがないので良い事も。

これからは積層ピッチが細く、複数の色が同時に出せ、造形物の表面がデコボコにならない低価格な3Dプリンターが販売されていきます(必ず!)

高価なフィラメント(3Dプリンティングする際に使用するプラモデルで使用しているような樹脂)も再利用する機械が広まる事で、さらに低価格化が進むでしょう。3DスキャナーもMicrosoftやMakerbot社が作成して低価格化が進んで行くでしょう。
そんな未来、つまりチャンスがもうすぐそこに来ています。
それなのに何もしないで待っているのはもったいなくありませんか?
チャンスをものにする為に、準備としてご自分の頭の中にあるアイディアを3Dソフトを使い形にしてみては如何でしょうか?
3Dプリンターは3Dモデリングが出来るようになって購入しても良いのかなとも思います。
ソフト(3Dソフト)を使いこなせなければ、ハード(3Dプリンター)はただの箱。
3Dソフトのスキルを磨いていれば、明るい未来が待っている。僕はそう思います。

 

ちなみに彼が作品に使った3Dプリンターは以下のものを使用しています。

solidoodle

Solidoodle 3D Printer, 2nd Generation 499ドル(約5万円) Onlineサイトで購入可能

 

 

 

【 ばーちゃわーるど 亀田さんへ 】

 

突然のメールの問い合わせに快く回答して頂きどうもありがとうございました。
またホームページにも載っていない写真なども提供して頂きとても感謝しておりますm(_ _)m
亀田さんのようなJapanese Makerが1人でも増えるよう私も情報発信を頑張りたいと思います。
ちなみに、サイトの中にあるたび日記一覧。亀田さんとご家族で行かれた世界遺産などの旅日記が書いており、あまりの面白さで気がつくと夜遅くまでネットサーフィンしちゃいました(笑)
家族旅行、模型・ジオラマ制作は娘さんにとても良い影響を与えていると思います。

楽しみにしていますので、これからも世界遺産を造り続けてください。応援しています。

PS: たび日記に亀田さんの世界遺産にかける情熱の原点を感じました(^^)

参照URL:
ばーちゃわーるど
亀田さんの3Dデータ thingiverseにも公開中
ばーちゃわーるど 旅日記










1 Comment on 5万円の家庭用3Dプリンターでここまで造れる!? ばーちゃわーるどの造形物を紹介

  1. ラッキーコーン // 2014年5月15日 at 2:38 PM // 返信

     筋違いですが!!私の、描いた、キャラクターの、イラスト見てください!!

      ラッキーコーン 検索

Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)