3Dプリンターの実力  (株)ホットプロシード 代表 湯前氏



 
qBiz主催のセミナー 『新・モノづくり』の時代とは〜3Dプリンターの実力~ に行ってきました。
 
講師は2名。国産デスクトップ3Dプリンターメーカー (株)ホットプロシード 代表の湯前さんと博多図工室代表の鈴谷さんです。良い意味で、2人とも3Dプリンターをディスッてくれました。(その言葉は次の記事に載せています。)
 

40名の定員枠でしたが、満員御礼でした。3Dプリンターの人気度が伺えます。


 

トップバッターは(株)ホットプロシード 湯前代表

ホットプロシードは国内に2つしかない3Dプリンター製造メーカーです。(もうひとつはキーエンスで産業用向け3dプリンター『アジリスタ』を製造している) 代表の湯前氏は数々のメディアに出演されています。画像はクリームシチュー有田さんと。


 

3Dプリンターは現在第3世代とのこと。
アメリカでは第1世代の頃から人気があったようです。


 

何と(株)ホットプロシード 湯前代表より重大発表が!
光造形タイプ3Dプリンター B9 Creatorが3月ごろに発売されるとの事です!!!


 

値段は50万円、最小積層ピッチは0.25um (・∀・)イイネ!! 高いけど、めちゃくちゃ欲しい !!


B9Creator キックスターター
 

記事を書いていて知ったのですがホットプロシードのHPにも光学式タイプの3Dプリンターについて書いていました。失礼しましたm(_ _)m

 

実物をご覧になりたい方は、以下の日程でデモンストレーションを行うようです。関東在住の方は足を運ばれたらいかがでしょう?

Wonder Festival 2013 Winter

日時:2013年2月10日(日)
会場:幕張メッセ 1~8ホール
3Dプリンター「Blade-1」
近日発売予定の光造形3Dプリンター

 

他に以下の経験談もおっしゃっていました。勉強になります。
 


 

  • ハンダ固定用の3dデータをアップしたら数分後にはドイツでDownLoadされていた。今はそんな時代
  • 3dプリンターはドラえもんの4次元ポケットではない
  • フィギアなどの3dデータは海外ではあまり人気がない
  • 現在市場に多く出回っているBB弾はPLA樹脂でできている。自然分解されるので環境にやさしい。
  • Blade-1は土台部分を考慮している。必ず100x100x100の物が作れるように設計している。実際のビルドエリアは130x130x130
  • Blade-1のアルミ部分はシカゴより輸入している
  • ABS樹脂1kgを生産する際は苦労した。200件ぐらい企業に電話したが殆ど相手にされなかった

 

 

今回の放送は以下のUstreamより確認できます。

2時間21分の大作ですが、見る価値はあると思います。



Video streaming by Ustream

 

私も1時24分25秒頃に質問しました。
肉声で話したせいでビデオに音声は入りませんでしたが。。。orz

 
私の質問は以下になります。
 
『 3D CG、3D CAD、スライスソフトでお勧めのものはありますか? 』

 

これが一番お勧めだよ!とは具体的に回答いただけませんでしたが、スライスソフトはKissSliceが使い易いとの回答でした。
 
 
 

次は博多図工室代表 鈴谷さん。
⇒3Dプリンターの実力  博多図工室 代表 鈴谷氏
 

 

参考URL:qBizスクール 第2回 「新・モノづくり」の時代とは〜3Dプリンターの実力
お手ごろ3D造形機 福岡のベンチャー初開発 個人のものづくり後押し
 


 

 

【TwitterでJapanese-Makersをフォローしませんか?】

  • 当サイトでは3DプリンターやMakerになる為の情報をお届けしています
  • 記事を書いた時に必ずTwitterで発信します
  • フォローしてくれたら必ずフォロー返しします
  • 相互フォローになるとダイレクトに連絡が取れるようになります♪

Twitterでフォローする ⇒ 










Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)