日本製3Dプリンター Blade-1と製作メーカーであるホットプロシード社について ~Part1~



 
ある一件の対応より、ホットプロシード社の自社製品Blade-1に対する考え方、それを使うであろうエンドユーザに対する真摯な態度、想いを知る事ができました。
 
ますますBlade-1、ホットプロシード社のファンになった私ですが、今回はPart1として実際にあった話を伝えます。
 

これから3Dプリンターを購入しようと考えている方、ホットプロシード社、日本製3Dプリンター Blade-1についてもっと詳しく知りたい方にお勧めな内容です。

 

ある一件の対応姿勢と書きましたが、一件の発端は以下の記事です。
 

 ⇒国産3Dプリンター Blade-1で造った造形物 失敗例

 

ぱっと題名を見ただけではBlade-1をディスってる(けなしている)ように受け取られるかもしれませんがそんな気は全くないです。私の知識不足と不精が原因となった失敗例ばかりです。

 
まあ、それは置いといて(^^;

 
何処でこの記事を見つけたかは不明ですがBlade-1の製作元であるホットプロシード社より私宛に以下のようなメールが来ました。

 

 

==============================

JapaneseMakers管理者様

お世話になります。(株)ホットプロシードと申します。

ブログ拝見させていただいています。

Z方向へ100mmの成型が出来なかったとの事で、ご迷惑をお掛けしました。

原因が何であるか弊社としましても調査させていただきたいので

よろしければご協力いただけないでしょうか

カタログ上100×100×100と掲載していますので、特にZ方向は120mmでプログラム上ではロックするように設定していますので、是非とも解明したいと思います。

お忙しいとは思いますが、よろしくお願い致します。

==============================

 

 

先の記事内に書いている『ビルドエリアMaxサイズで出力してみると・・』に対するご連絡である。簡単に説明すると、Blade-1の最大出力高さである10cmの高さが実際に出力できなかった。8cmの高さで止まってしまったという事象です。 

 
これに対してメーカーとして調査したいのでBlade-1を送って欲しいとのメールでした。

 

これは助かると思い、早速Blade-1を発送。発送後、ホットプロシード社より1本の電話が入った。(※連絡があったのはホットプロシード社とメールでやりとりする時、何かあった時は電話をもらうようにしていたからです)

 

 

==============================

『3Dプリンターの発送ありがとうございました。調査結果をご連絡させて頂きます。

調査した所、スプールホルダーの取り付け位置が下過ぎて今回の事象が発生したようです。

つきましては、新形状のスプールホルダーがございますのでそちらを同封します。

お手数ですが今後は新形状のスプールホルダーを取り付けていただくようお願いいたします。』

==============================

 

 

話によると、初期に発売したBlade-1はスプールホルダーが下位置に取り付けれる構造になっていたとのこと。私のようにスプールホルダーを間違って下位置に取り付けてしまうと、今回のように10cm高さの造形が出来なくなってしまうようです。

 

現在発売されているBlade-1の新形状スプールホルダーは、ユーザーが間違って下位置に取り付けれないように工夫が凝らしているとのこと。今回はその新形状のスプールホルダーを同封してくださるとの事だった。

 

我が家にBlade-1が届き、新形状のスプールホルダーを取り付け、前回出来なかった10cmの蛙仏様を出力した。問題なく造形できましたm(_ _)m

 

また、電話口で他の失敗例の対応方法も具体的に教えて頂きました。
前回の記事に青文字で追加してますので、同じ失敗した方はご参考にどうぞ。

 

今回の真摯な対応により、ますますBlade-1とホットプロシード社のファンになりました。

ホットプロシード社の日本語によるサポートだけではなく、日本品質の素晴らしいユーザーサポート。

 
ホットプロシード社の製品に対する情熱、また使用するユーザーに対する熱い思いをかんじとる事が出来た一件でした。

 

ホットプロシード社様 お忙しいところ色々と調査していただきありがとうございましたm( _ _ )m

 

Part2の記事は、Blade-1の製品コンセプト、使用ユーザに対する考え方を紹介します。なぜ、他のRepRap型3Dプリンターと違う形をしているの? 10cm x 10cm x 10cmのビルドエリアは大きくならないのか? も解かりますよ(^^) (これも電話時に色々と尋ねたものです。)










2 Comments on 日本製3Dプリンター Blade-1と製作メーカーであるホットプロシード社について ~Part1~

  1. こんにちは

    (Blade-1は持っていないので恐縮なのですが)

    以前私もホットプロシード社さんにとある問い合わせをした際に

    とても丁寧に対応して頂きました。

    3DプリンターはPCのパーツなんかと違って

    買ってからも購入先とやり取りがあるので、

    性能だけでなくサポート対応も重要ですよねぇ~

    某外資系3Dプリンターの日本代理店さんの対応に

    イラっとした事があります…

    ちなみに私のSolidoodle社は

    レスは早いんですが…

    安かろうナントカです…

  2. ばーちゃわーるど 亀田様

     コメントありがとうございます。亀田さんが言っているとおり、3Dプリンターは買った後のフォローなどが大事なのですよねぇ。その点、経験則によると国産のホットプロシードさんは安心でした(^^ 某外資系3Dプリンターの日本代理店さんが気になるところですね。 今度、よければ教えてください、今後購入検討しているみんなのためになりますのでww

Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)