日本製3Dプリンター Blade-1と製作メーカーであるホットプロシード社について ~Part3~



前回の記事Blade-1がメンデル型、Box型にしなかった理由を述べました。
●メンデル型にしなかった理由 ⇒ メンテナンスが大変

●Box型にしなかった理由    ⇒ 特許問題&拡張性が低い
では、Blade-1はどうなのか? 1つ1つ特徴を見てみよう。

 

メンテナスは簡単?

 

以下の内容がホットプロシードのホームページに書かれている。

耐久性のあるオール金属製ヘッド

SANYO DIGITAL CAMERA

数あるパーソナル3Dプリンターの中でも唯一オール金属製の溶解ヘッドを採用しているのは「Blade-1」だけです。長い間メンテナンスフリーでご使用いただけます。安定した金属製溶解ヘッドで射出成形を行えます。

溶解ヘッドも全て金属性だし、メンデル型ように樹脂を使用している部分はほとんどない。
なるほど、メンテナンスフリーとまではいかないかもしれないが、他の3Dプリンターに比べてメンテナンスの頻度は低いだろう。

 

溶解ヘッドの取り外し

溶解ヘッドの取り外し型

溶解ヘッドのつまりや、故障などは長く使用していると必ず発生するもの。
Box型の3Dプリンターでは、溶解ヘッド修理時は3Dプリンターそのものを発送することもしばしば。その点、Blade-1は簡単に取り外しが可能。故障した際は、上記画像①、②の手順で取り外し、溶解ヘッドだけを発送すればよい。

特許は大丈夫?

 

『 なるべく3Dプリンターの費用を抑えたかった 』と湯前代表。
Box型にして、温度エリアを一定に保つ仕組みを作るとStrasys社の特許を触発してしまう。

この仕組みを利用すると特許料を払う必要があり、値段が一段と高くなってしまう。
Replicator2のように、特許侵害したくなかったし、温度を一定に保てないのならBox型にする理由はない
そう考えBox型にはしなかったようだ。

※余談・・・MakerbotのReplicator2/XなどはBox型にして周りをケースで覆う事が出来る。Straysys社の特許侵害をしていると業界の人たちからは言われてきたが、Straysys社からは何も訴えられなかった。このカラクリは、この間のStraysys社によるMakerbot社の買収で何やら検討が付く。Makerbot社の買収シナリオが最初から出来ていたからだろう。

 

拡張性はあるの?

Blade-1は、拡張性についてきちんと設計されている。
【 拡張オプションその1 加工範囲の拡張 】
造形最大可能サイズが他の3Dプリンターより小さいBlade-1。Replicator2が 285(W) x 153(D) x 155(H) mmのに比べると、Blade-1は 100(W) x 100(D) x 100(H) mmと割りと小さ目。

もっと大きい造形品を作りたい人向けに、100×200×100mmにしたり、200×200×200mmに出来るオプションを考えているとのこと。ホームページで拡張版が販売されているように加工範囲の拡張が可能なのだ。

拡張版

①加工範囲 100×200×100mm 180,000円
②加工範囲 200×200×200mm 380,000円
Box型だとこのような事は出来ない。Blade-1ならではの芸当である。

【 拡張オプションその2 Dual ノズル 】
まだホームページなどには載っていないが、将来はDualノズルが出来るようにして、2色同時に3Dプリンティング出来るようにしたいと思っているそうだ。先の仕組みで述べたが、その理由よりノズル部はシンプルな作りにしたそうだ。

この拡張オプションが公開されれば、Blade-1がCubeX DualやReplicator2/Xのように2色同時の3Dプリンティングが可能になる。

replicator-2x-6

このように、Blade-1が今の形になったのは、拡張性が考えられているからだ。

 

※既に購入している人は、上であげたオプションが今後可能になるかもしれない。(オプションはあくまで構想との事。いつリリースする、本当にやるとは言われていないので注意)

 

最後に

 

『 拡張性をもたせ、DIY好きなユーザーに3Dプリンターを永く楽しんでもらいたかった 』

そう、湯前代表がおっしゃっていたのが印象的だった。

一度買ったら、ハイお終いの3Dプリンターではなく、購入後もユーザと一緒に成長できる3Dプリンターを目指して作っているとのことでした。購入後も、色々とオプションつけて自分専用の3Dプリンターに仕上げていく。そんな楽しみ方も考慮して、さらなる改良を続けているとのことでした。

DIY好きな人にとってはうってつけの3Dプリンターなのかもしれませんね。


※ホットプロシード社から何かのインセンティブを貰って紹介しているんだろっ! と問い合わせがありました。念のためお伝えしますが、全く!そんな事ありません。実際にBlade-1を扱い、ホットプロシード社の真摯な対応をうけたので、その思い・教えてもらった内容をそのまま書いています。










2 Comments on 日本製3Dプリンター Blade-1と製作メーカーであるホットプロシード社について ~Part3~

  1. >Box型にして、温度エリアを一定に保つ仕組みを作るとStrasys社の特許を触発してしまう。

    そういえばScoovo危ないですね。かなり囲ってます。

    うちのSolidoodleは完全にブラックっぽいですねぇ
    ケースは取り外せるからいいのかな?

    FDM技術全般はともかく、
    造形エリアを加工だけで特許って…

    さすが訴訟社会アメリカ…

    • Scoovoはどうなんでしょうかねぇ。
      確かに囲っちゃってますよね。

      一応、PCパーツメーカーでそこそこのノウハウがあるでしょうから、賢い逃げ道を使ってるのを願います。数か月後に、Makerbot社から訴えられたりして。。。 

Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)