Autodesk123D Design の一連の流れを体験してみる ~その2~



 
Autodesk123D Design の一連の流れを体験してみる ~その1~の続きです。
 
その2では、マウス操作、3Dプリンティング可能なファイル(拡張子stl)出力、プロジェクトの保存、123D Designの終了を説明します。

【 ⑤ マウスを使ってドーナッツを移動してみよう 】

 

マウスを使ってドーナッツを移動してみよう

 

【 ⑥ 作った3Dデータをプロジェクトに保存しよう 】

 

作った3Dデータをプロジェクトに保存しよう

●クラウドに保存する方法

無題
 

クラウドとは?
 
クラウドとはクラウドコンピューティングの略で、システムのイメージ図を書く際にネットワークのことを雲(クラウド)で表現していたことからそう呼ばれています。
 
インターネットに接続すれば誰でも様々なクラウドサービスを利用できます。DropBox、Googleドキュメントなどは無料で使用できる有名なクラウドサービスです。

123D Designにも同様な無料クラウドサービスが存在します。サービスを利用すればクラウド上にデータを保存すれば自宅、会社、外出先から3Dデータを扱えます。

下図のように会社では、Windows Pc、自宅ではMac Book、外出先ではiPadなどの様々なデバイスでクラウド上にある3Dデータを扱う事が出来ます。

クラウドとは?
 

【 ⑦ 3Dプリンターで出力可能な形式を出力してみよう 】

 
3Dプリンターで出力可能な形式を出力してみよう

 

【 ⑧ アプリケーションを終了する 】

 
Autodesk123D Designを終了する

 




Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)