Autodesk123D Designの特徴



 
前回の記事ではAutodesk123Dの紹介をしました。
 

その中の1つ123D Designが3Dプリンター用の3Dソフトとしてお勧め

以下に簡単に123D Designの特徴を紹介します。


 

【 AutoDesk123D Designで作った3Dデータ 】

 


さまざまなパーツを組み合わせてロボットなどの3Dオブジェクトを簡単に作ることができます。

 

 

 

【 AutoDesk123D Designの特徴 】

 

  • 無料で使える
  • Windows、Macで動作する
  • クラウドを使ってデータを管理できる
  • 3Dソフト初心者でも簡単に操作できる
  • 3Dプリンティングすることを前提にして作られている
  • 3DCADソフト制作会社として長年実績のあるオートデスク社が開発
  • 3Dプリンターが読み込める形式のファイル(拡張子STL)を出力可能

 
 

他に3Dプリンティングサービス shapewaysと連携しているのも特徴的です。また、Makers著者 クリスアンダーソンも3Dプリンター用ソフトとしてAutodesk 123D(Autodesk123Dの後継ソフトがAutodesk 123D Design)を勧めています。Makersの後ろの方に紹介されていますので是非、確認してくださいね。

 

様々なデバイスにインストールして、クラウドで連携して操作できるのはうれしいですね。
 

 

2012年11月に公開され時間がたっていないため本などの資料が少ないです。
コミュニティは活気にあふれていますので、今後は結構な勢いで情報は増えて行くと思います。(私も記事をドンドン書いていくつもり!)

 

 

以下は水野操さん作の動画(10分44秒)です。
 

 

 
近日中にAutodesk123d Designのインストール方法の記事を紹介します。

 
参考URL:
AutoDesk 123D Design

ロボットもデザイン・3Dプリントできるアプリ:オートデスク「123D Design」

 










Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)