Autodesk123D Design の一連の流れを体験してみる ~その1~



 

以下の課題を通して123D Desingの全体の流れを把握します。

まずは123D Desingを起動してドーナッツ型の図形を作成します。作った図形をマウスやアイコンを使い様々な視点から確認、その後、3Dプリンティング可能なファイル形式(拡張子stl)でファイル出力します。最後にプロジェクトを保存して終了して、123D Designを終了させます。このレッスンでを実施することで以下項目の操作方法を学びます。

 

※画像をクリックすると大きくなります

無題

作業の流れ

 

【 ① 123D Designを起動する 】

インストール作業が完了したら、デスクトップ上にある123D Designと書かれたアイコンをダブルクリックします。

デスクトップにアイコンがない場合は、画面右下にあるWindowマークをクリックして、[すべてのプログラム] => [Autodesk] => 123D Designをクリックしてください。

アプリ起動直後の画面

 

【 ② ドーナッツの形をしたオブジェクトを作ろう 】

 

PrimitivesにあるTorusと呼ばれるドーナッツ型の図形を作ります。

ドーナッツをつくろう

Torusを使ってドーナッツを作る

 

 

【 ③ View Cubeを使ってドーナッツを様々な視点から見てみよう】

View Cubeを使った視点切り替え方法と、マウスを使った視点切り替え方法を学びます。

 

ViewCubeの操作

2

 

【 ④ マウスを使ってドーナッツを様々な視点から見てみよう】

 

マウス操作でドーナッツの視点を変えてみます。

オブジェクトのマウス操作

マウス操作

 

ちょっと長くなりましたので続きは次回へ

 

ここまで詳しくは書いていませんが、Autodesk123D Designの操作方法が書いている本です










Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)