3D Robotics社のクリス・アンダーソン とは?



「ネイチャー」、「エコノミスト」勤務を経て、2001年より、『WIRED』US版の編集長に就任。

彼が編集長の間、WIRED誌は全米雑誌賞を8回受賞、2005年、2007年、 2009年、2010年に最優秀賞を獲得している。 AdweekからはWIRED誌が2000年代最高の雑誌として表彰された。

影響力の大きさから2007年に米タイム誌にて「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれている。

 

【 著書 】

編集長時代に、『ロングテール』『フリー』『Makers』などのベストセラーを出版している。

出版した本はどれも多数のレビューがついており、Amazon(日本)で4以上の高評価をつけている。 (クリスアンダーソン著書一覧)

 

【 3D Robotics社 

2009年に、ラジコン飛行機製作会社 3D Robotics社を共同で立ち上げる。3D Robotics社の経営に注力するため、WIREDの編集長を2012年11月に辞任した。

 

 

【 Wikiより 】

  • 生まれは英国 ロンドン
  • 5歳の時に彼の家族が米国に移住
  • 2001年にWIREDの編集長に就任
  • 2007年にGeekPad社を設立
  • 2009年に3D Robotics社を共同で設立
  • 2012年にWIRED編集長を辞任
  • バークレー、カリフォルニア在住
  • 妻と5人の子供と暮らしている

 

【 リンク 】

「21世紀を生きる人のために」〜クリス・アンダーソンが米WIRED誌を辞める今、思うこと

『MAKERS』のクリス・アンダーソンらが来日講演で語った「未来の製造業」【WIRED CONFERENCE 2012レポ】 

誰もが「作り手」になれる時代、エンジニアの存在価値とは?~『MAKERS』著者クリス・アンダーソンに聞く【キーパーソンインタビュー】

ものづくりに民主化の波 クリス・アンダーソンさん

メイカームーブメントは「第3の産業革命」–クリス・アンダーソン氏

Maker、Free、ロングテールの著者、クリス・アンダーソンがWired編集長を辞任―創立したスタートアップのCEOに専念へ

我が家に工場がやってくる










Leave a comment

Your email address will not be published.

*



(Spamcheck Enabled)